BLOG

  • 2016.09.13

    光筒の隙間 電気配線の打合せ

    160913

    この現場は構造材を仕上げとして扱う箇所が多い為、
    配線ルートの確保が難しい。
    あーだこーだと言いながら、最短ルートを模索中。